サービス・製品

ドライブコレクターについて

DriveCorrector(ドライブコレクター)はドライブレコーダーで取得したデータを統計解析のノウハウを生かして分析し、可視化できる国土交通大臣認定の教育コンサルティングメニューに選ばれた、安全運転診断ソフトです。

事故を
減らしたい
保険料の
増額を避けたい
燃費・維持費を
抑えたい
顧客からの
信頼を得たい

そのお悩みをドライブレコーダーが解決します!

交通事故・違反の削減
燃費向上・維持費低減効果(車輌・タイヤ・荷物・地球にやさしい運転を支援)
人材育成(ドライバー及び、運行管理者のスキル・ノウハウ向上)

4つの特徴

ドライブレコーダーから収集したG(重力加速度)を、アクセルとブレーキ操作の縦軸、
左右ハンドル操作の横軸として2Dグラフに示し、採点します。
急ハンドルなどで一定のGを超えた場合、2つのカメラユニットで録画されている
前方向と運転者の映像を確認できます。これは、意見運転を見つけるだけでなく、
プロドライバーならではの回避術も確認できます。

01
ドライバーの運転スキルを可視化

2Dグラフから運転の癖、タイプが分かり、運転手さんの癖も直感的に見て取ることができます。3D表現も可能ですので、運転をしている際に一番多い運転の癖(例えば急ブレーキが多い、急ハンドル、など)が一目瞭然です。※危険運転の箇所は★でマークされます。

★マークをクリックすると危険運転を中心に前後の運転が確認でき、どのような運転が危険運転とされているのかを確認できます。

02
圧倒的な説得力で危険運転を指摘

独自開発の解析手法で納得生客観性の高い解析結果を導きます。
また。独立行政法人自動車事故対策機構”NASVA”の適性診断結果と合わせて、
教育、指導することで、高い効果を得られることから、
運転管理者、一般講習用テキストに掲載しています。

03
危険運転の定義を設定変更可能

一般的な危険運転で、かかる加速度は0.4Gとされていますがもう少し厳しく設定して判定したい、というような場合も簡単に設定できます。詳細な設定変更も簡単にできます。
ゴルフのハンディキャップの様に、個々の運転スキルによって、採点基準を設定出来ます。

評価結果をエクセルで出力することができ、印刷も可能です。また、評価結果に含まれる危険運転の動画も同時に出力可能なのでドライブコレクターをお持ちでない方向けにレポートを提供することもできます。

04
高いコストパフォーマンス

従来の業務用ドライブレコーダーと解析ソフトに比べ、大幅なコストダウンを実現。

ドライブコレクターの活用方法

01 02 03
ドライバーコンテンストの開催 安全運転診断サービス システムの導入
各社でドライバーが日常業務の中で記録した運行データを持ち寄りドライブレコーダーの評価結果を競い合い、日頃から安全運転を意識して事故防止のためのムード作りを目指しております。 ドライブコレクターと説明書を送付いたしますので運行データを記録し、ご返送いただきます。
その後、弊社で診断して、CD等に記録して送付いたします。
ドライブコレクターをご購入頂いて、お客様ご自身で運転診断をして、ドライバーの教育・指導して頂きます。
己を確認する 己を見る 己を知る、己を正す